赤ちゃんにお勧めのウォーターサーバーはどれ?評価や安心できるウォーターサーバーの成分を調べてみました

【ミルクの温度設定が10秒!?】子育てママがプレミアムウォーターで調乳作り

 

 

初めての赤ちゃんのミルク作りは、慣れていないので温度設定に時間がかかり大変だと
思っていませんか?

 

今でも多くの子育てママが水からお湯を沸かして、お湯を冷ましてからミルクの粉を
入れて赤ちゃんのミルクを作るというオーソドックスなミルクの作り方をしている方が多い
ようです。

 

実は私も今までは、水を70度まで温めてお湯を冷ましてからミルクの粉をいれてと、
時間をかけて赤ちゃんのミルクを作っていたのですが、いまでは急に赤ちゃんのミルクを
作る事になっても

 

10秒ほどであっという間に赤ちゃんのミルクの温度を適温にしてをサッと作っています。

 

時間をかけずに10秒〜1分程であっという間に赤ちゃんのミルクを作る3つの方法のポイント
をまとめましたので、ぜひご参考にしてくださいね。

 

 

 

ミルクの温度を熱したお湯とお白湯で時短

 

 

 

 

 

熱したお湯とお白湯をブレンドする事によりミルクの作る時間がかなり短縮されます。

 

まず、殺菌を行う為に、水を70〜80度位の温度に熱します。そして、あらかじめ用意していた
お白湯をブレンドして人肌にさましてから粉ミルクをブレンドしたお湯に投入してミルクを作ります。
こうする事で、お湯の熱する時間のみで赤ちゃんのミルクを作る事ができ時短に繋がります。

 

ポイントは一度70度〜80度に熱したお湯を冷蔵庫に入れてストックしておくという事です。
※常温での保管は菌が繁殖しやすい為、控えて下さい。

 

 

 

電機ポットを使ってミルクの温度を時短調整

 

 

 

電気ポットの機能はメーカーによって多少の違いはあるかと思いますが、
赤ちゃんのミルクを作る際のお湯の設定温度70〜80度に設定する機能は
大体どのメーカーにも備わっていると思います。

 

電気ポットの便利な点は、いちいち水から80度のお湯に熱しなくても保温をした
お湯をストックしておける事です。

 

先ほど、水を80度のお湯に温めてストックしておいたお白湯とブレンドするという説明を
しましたが、ポットでミルクを作る際も基本は同じで保温しておいたポットのお湯をお白湯
とブレンドしてミルクを作ります。

 

一つだけ問題点を挙げれば、ポットには殺菌する機能が備わっていないという事です。
ですので、毎回水をかえるか水を再沸騰させてミルク作りを行うことをお勧めします。

 

水からやかんでお湯を作るよりはまだ時短になりますが、便利さの面では今一つという感
じでしょうか。ケトルでお湯を沸かす事も同じで一回一回水を入れ替える手間があります
ので、時短にはなりますが、もう一つ便利さの面ではいまいちです。

 

 

 

ウォーターサーバーを使ってミルクの温度を時短調整

 

 

 

最後にウォーターサーバーで赤ちゃんのミルクの温度を設定するというやり方ですが、
今のところこのウォーターサーバーを使ったミルクの
作り方が一番手軽さ、便利さ、時短の面において一番優れている
と思います。

 

ウォーターサーバーには殺菌機能が備わっていて、いちいち水から沸騰させたり、再沸騰さ
せる必要がありません。

 

(プレミアムウォーターの殺菌機能の画像を貼る)

 

 

このように殺菌機能も備わっていて、赤ちゃんにミネラルウォーターを飲ませていいのか?と心配になる方には軟水を使用しているプレミアムウォーターがお勧めです。

 

 

まとめ

 

以上、赤ちゃんのミルクを作る時の温度設定を時短するにはお白湯をあらかじめ用意しておくか、ウォーターサーバーを利用するかがポイントとなります。

 

・水を熱して70度〜80度のお湯を作る。熱したお湯とお白湯をブレンドするとミルクを作る温度設定の時短ができる。毎回お湯を作らないといけないので手間。

 

・電気ポットの保温機能をつかえば、70度〜80度の温度を常にキープした状態にできる為、
水からお湯を作るよりさらに時短に繋がる。しかし、保温したお湯を入れ替えたり、再沸騰させる手間がかかる事もあり、便利さの面では100%満足できるわけではない。

 

・殺菌機能付きのウォーターサーバーを使えば水を再沸騰させたり、水を入れ替えたりする手間が無い為、
かなり便利。中でもプレミアムウォーターが赤ちゃんに飲ませても安心の軟水を使っている為安心して赤ちゃんのミルク作りができる。

 

 

page top